Call for fast abstracts

Fast Abstracts部門の論文募集について

IWSM/Mensura 2011 Fast Abstracts共同議長
神谷芳樹 (みたに先端研)
Jens Heidrich (Fraunhofer IESE, Germany)

MENSURA 2011では、特に産業界の方々向けに実証的、速報的な論文の発表の場として、9月11日締切りのFast Abstracts部門を用意しております。この領域での国際交流の良い場となると考えております。皆様の積極的なご投稿をお待ちしております。

■   Fast Abstractについて
 Fast Abstract は簡単な査読を受ける、1~4ページの技術論文です。ソフトウェア・エンジニアリングに関する研究や実務など、様々な取り組みを促進することを目的とします。Fast Abstractは初期段階の取り組みに関する議論を行うことを目的とするもので、必ずしも学術論文誌で出版するような完結した成果を求めるものではありません。著者は、この領域での新しいアイディア、議論の対象となっている課題に対する、自らの立場を紹介することができます。採録論文は会議予稿集の第二部に収録されます。採録論文の著者には、会議への参加と短いプレゼンテーションが求められます。
 

■   投稿先
mensura2011-papers [at] is.naist.jp
 
■   書式
IEEE 会議予稿集フォーマット
http://www.computer.org/portal/web/cscps/formatting
 
■   締め切り等
投稿締切:2011年9月11日
査読結果通知:2011年9月23日
カメラレディ提出締切:2011年10月1日